岐阜県郡上市白鳥町の日帰り温泉。飲める天然温泉、貸切個室風呂、こだわり料理で心も体も癒します。

トップ > Q&A > 温泉 > 温泉に入ると成分表に「アルカリ性」「酸性」など記載がありますが、どう違うのか教えてください。

温泉に入ると成分表に「アルカリ性」「酸性」など記載がありますが、どう違うのか教えてください。

温泉の「アルカリ性」「酸性」の違いについてご説明します。

温泉の「アルカリ性」「酸性」の違いを簡単に一覧にしました。

 

温泉の成分  効果の違い
酸性 

お肌をピーリング

タンパク質を溶かし、肌をツルツルにします

アルカリ性 

お肌を自然にクレンジング

温泉の石鹸効果で、余分な皮脂分を落とす

 

※ただし「酸性」の温泉は、pH値によって強酸性・酸性・弱酸性の3つに分けられます。

 

<注意事項>

  • 酸性の温泉は、お肌をツルツルにする美肌効果がありますが、肌の弱い人には刺激が強すぎる場合があります。
  • 肌が弱い方は、肌に温泉成分が残ると荒れてしまう可能性があるので、温泉から上がる際は温泉成分を洗い流すようにしてください。
  • お風呂から上がったら、保湿を忘れず行ってください。

 

ご自分にあった成分の温泉に入って頂くことをおすすめします。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら