岐阜県郡上市白鳥町の日帰り温泉。飲める天然温泉、貸切個室風呂、こだわり料理で心も体も癒します。

トップ > Q&A > 温泉 > 泉質が同じ温泉は、どの温泉も効果は同じですか?

泉質が同じ温泉は、どの温泉も効果は同じですか?

泉質が同じだからといって、どこの温泉でも同じ効果が得られるとは限りません。

 

なぜなら、温泉は、沸き出る土地によって「pHの数値」「成分」が異なるため、似た温泉はあっても全く同じ温泉は存在しないからです。温泉施設には「温泉分析書」という温泉の成分を分析した説明書が掲示されていますが、全く同じものはほとんどありません。

温泉の「成分表」は、温泉法により掲示することが義務付けられています。温泉の入り口や脱衣所などに必ず掲示されているはずです。見慣れない言葉も使われており、分かりにくい数値も並びます。成分表の大まかな内容を事前に知っておくと、ご自身に合った温泉かどうかやどんな効果が得られるのかが分かり、より安心して楽しく温泉に入って頂けます。

 

泉質・泉温・pH値・適応症・禁忌症が記載されています。

  • 「泉質」は、単純泉、硫黄泉など大きく9種類に分類されます。
  • 「pH値」は、酸性、中性、アルカリ性など、水素イオン濃度による分類です。
    例えば、pH値7を超える「アルカリ性」のお湯は、肌の角質を溶かしスベスベにする効果が期待されることから「美人の湯」「美肌の湯」として女性に人気です。
  • 「適応症」は、その温泉に入浴することで症状の改善が期待される病気などを表しています。
  • 「禁忌症」は、その項目に書かれた症状をもつ人は入浴できないことを示しています。

温泉成分表の中には、1L中の成分含有量、入浴時の注意事項などを細かく書いてあるものもあります。

温泉に行かれた際には、一度「温泉成分表」を確認してみてください。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら