岐阜県郡上市白鳥町の日帰り温泉。飲める天然温泉、貸切個室風呂、こだわり料理で心も体も癒します。

トップ > Q&A > 温泉 > 湯上りの肌がかゆくなる原因と予防方法を教えてください。

湯上りの肌がかゆくなる原因と予防方法を教えてください。

乾燥肌の方のお肌のかゆみを改善するために「入浴方法を見直す」 ことです。

皮膚科医からもお奨めされることの一つでもあります。乾燥肌にもっとも効果がある温泉は、「塩化物泉」といわれています。

お湯に含まれる塩分が、肌を優しく包み込んでくれます。

その塩分の膜のようなものが、肌から水分が蒸発するのを防ぎ、しっとりとした潤いを保ってくれます。

乾燥肌の方には、ぴったりの泉質です。カサカサ・ゴワゴワ肌にお悩みの方も、塩化物泉のお湯に浸かれば、しっとり滑らかなお肌になるでしょう。

身体の芯まで温まり、湯冷めしにくいため、冷え性の方にも効果的です。

 

乾燥肌とはどのような状態のことをいうのでしょうか?

人の肌の表面には「角質」という膜で覆われています。確執は、人の肌の表面にある、肌を守るバリアの役割をしています。その外側に皮脂があります。皮脂は、肌の表面を弱酸性に整える働きをしています。皮脂が、皮脂表面を覆うことで、肌の健康を維持できます。角質層は水分を保ち、皮脂は膜をつくり肌の潤いを保ちます。

また、角質層は、外からの刺激を防ぐバリアの働きもしています。

乾燥肌とは、角質層の水分量が少なくなったり、皮脂の分泌が低下することにより皮膚の表面が乾燥した状態のことをいいます。

 

かゆくなる原因は?

かゆくなる主な原因は、乾燥肌をそのままにしてしまうと、角質層が徐々に剥がれバリア機能が低下します。その角質層に、アレルゲンなどの刺激物が入り込んで「かゆみ」を引き起こします。

一度かゆみを感じて、かいてしまうと湿疹ができ、さらにかゆみのためにかいてしまうといった、かゆみの悪循環に陥ってしまいます。乾燥型の湿疹を治すには、薬物療法が必要になります。乾燥肌が悪化して、皮膚疾患になる前に正しい保湿ケアで予防することが大切です。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら