岐阜県郡上市白鳥町の日帰り温泉。飲める天然温泉、貸切個室風呂、こだわり料理で心も体も癒します。

トップ > Q&A > アレルギー > アトピーの方への温泉・足湯・岩盤浴の正しい選び方はありますか?

アトピーの方への温泉・足湯・岩盤浴の正しい選び方はありますか?

アトピーの原因は様々ですので、一概には言えません。

アトピーに効果的な温泉とは?

一般的にアトピーに効果的と言われているのは「酸性泉」の温泉です。

アトピー性皮膚炎の症状を悪化させてしまう原因のひとつに、皮膚表面の黄色ブドウ球菌の増殖がありますが、酸性泉は殺菌効果に優れているため、黄色ブドウ球菌の増殖を抑制効果が期待出来ます。

またもともと皮膚の表面は弱酸性なので、「酸性泉」の温泉はお肌にはとても良い温泉です。ただし、「酸性泉」は刺激が強く、人によっては刺激に負けて症状が悪化してしまう事もあるので、様子を見ながら少しずつ浸かることをおすすめします。

 

アトピーの症状について

アトピーの症状には、大きく分けて2つあります。

  • 「ジュクジュクタイプ」
    患部がジュクジュクし、皮膚から液体のようなものが出る。
    「ジュクジュクタイプ」の場合は、皮膚に熱を持っていて、体が温まると症状が悪化してしまう可能性があります
  • 「粉吹き乾燥タイプ」
    汗が出ないため、肌荒れが生じ粉をふいたような状態になる。

 

足湯について

最近、手軽に入れるとして足湯が増え、ドクターフィッシュが入っている足湯もあります。足湯も通常の温泉に浸かるのと同じように、足を温めることで血行が促進され、温まると体全体の血行が促進されてアトピーの方に多い「冷え性対策」になるのでおすすめです。

 

岩盤浴について

現在、岩盤浴も大変人気があります。岩盤浴の選び方は、岩盤が何で出来ているかによります。岩盤浴で一番期待するのは「遠赤外線効果」によるデトックスです。

遠赤外線が強い岩盤であれば、その分デトックス効果も高くなるためおすすめです。

ただし、岩盤浴のデトックスで期待できるアトピー改善は、症状のタイプによって異なります。アトピー性皮膚炎にはタイプによって症状が異なります。

岩盤浴で解消できるアトピーは「カサカサタイプ」の人です。

岩盤浴を有意義なものにするためにも、ご自身のアトピーのタイプを把握しておくことが重要です。自己判断で判断しきれないため、自己判断せず、担当医に相談してから利用してください。

 

温泉施設選びのポイントは?

重要なポイントとしては「源泉かけ流し」であるかどうかです。

アトピーの方の場合、雑菌への抵抗力が弱く、ひっかいた後に傷として残っていることもあるので二次感染に気をつける必要があります。アトピーは、雑菌との合併症が多いので「かけ流し」かつ「清潔な温泉施設」を選ぶことをおすすめします。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら