岐阜県郡上市白鳥町の日帰り温泉。飲める天然温泉、貸切個室風呂、こだわり料理で心も体も癒します。

トップ > Q&A > アレルギー > 蕁麻疹が出た時の温泉入浴について教えてください。

蕁麻疹が出た時の温泉入浴について教えてください。

蕁麻疹の種類や原因は、人それぞれです。

 

蕁麻疹の種類や原因について

温熱蕁麻疹の場合は、蚊が刺したときのような皮膚の赤味とわずかな腫れ、温熱じんましんの特徴である強いかゆみを伴います。

温度変化を感じ取りやすく、血管が集まっているももや乾燥しやすいひじやひざ周辺に、ヒスタミンという物質が集中して、その結果、皮膚には赤みを帯びた膨らみができます。

 

温熱蕁麻疹とは?

皮膚が急に温まることが原因で起こる蕁麻疹を「温熱蕁麻疹」と言います。温熱蕁麻疹が発症すると接触部分の皮膚の温度は40~50℃くらいに上がります。

 

温熱蕁麻疹ができる原因

温かさによる体温の上昇が原因であるため、入浴後や運動後、暖房器具にあたったあとに起こりやすいです。特に冬場に発症します。

温熱蕁麻疹は、始めは肌がピリピリする程度ですが、症状はすぐに悪化し、強いかゆみが取れなくなることもあります。

 

温熱蕁麻疹が発生した箇所をかいてしまうと、かゆみが発生したり、じんましんが広がることもあります。基本的に温熱でじんましんが起こりやすい皮膚であるため、摩擦熱を伴った皮膚組織への炎症は、症状が悪化してしまいます。

また、温熱蕁麻疹は判別しづらいです。じんましんは基本的に温まると症状が重くなり、かゆみが増します。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら