岐阜県郡上市白鳥町の日帰り温泉。飲める天然温泉、貸切個室風呂、こだわり料理で心も体も癒します。

トップ > Q&A > 温泉 > 温泉の入浴方法で美肌効果がマイナスになってしまうことはありますか?

温泉の入浴方法で美肌効果がマイナスになってしまうことはありますか?

いくつかございますので、ご紹介します。

 

その中でも、あまり知られていないものや誤解されやすいものを中心に、正しい美肌効果のための入浴方法をご紹介いたします。

 

温泉の入浴方法で、してはいけないこと

  • 入浴前には、適度なカロリー補給を
    こちらは、あまり知られていないように思うかもしれません。しかし、温泉旅館に行くと、お菓子とお茶が用意されていると思います。これが、温泉に入る前に頂くことによって、入浴の準備ができます。空腹で入浴すると貧血を起こしやすくなるため、適度にカロリー補給をしてから入るようにしましょう。
  • 最初に石鹸でカラダを洗う

    マナー等の問題もありますが、最初に石鹸で体を洗ってから温泉に入る人がほとんどですが、こちらの入浴方法に大きな誤解がございます。最初に、頭や体を洗ってから温泉に入ると、泉質によっては肌に強い負担がかかってしまうのです。

    温泉には、肌に刺激になる成分が含まれます。その温泉に、初めから汚れや角質を全て落とした「無防備な肌」で入ってしまうと、負担になります。

    また、温泉の泉質によっては、不要な角質・毛穴の汚れをとりやすい状態をつくってくれる効果もあるので、入浴後に洗うことをおすすめします。

    温泉に入る際には、最初に石鹸で洗い流すのではなく「かけ湯」で気になる部分を流し、他の人に迷惑をかけない状態にした上で温泉に入りましょう。

  • 頭とカラダを一緒に洗う
    温泉でも家庭でも、頭とカラダを一緒に洗う人がほとんどだと思いますが、温泉では別々に洗うことが大切です。
  • 最後にシャワーをあびてあがる

    温泉入浴後は、約3時間ほど皮膚から温泉効果が持続すると言われています。上がる際に、シャワーをしたり、体を洗ってしまうと温泉成分を洗い流してしまいます。温泉効果を持続させるために、温泉のかけ湯をして上がるようにしましょう。

    ただし、温泉の泉質によっては洗い流した方がいいものもありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

おすすめ美肌入浴方法

  1. かけ湯をし、体の気になる汚れを落として入浴する
  2. 3~5分ほど浸かったら、温泉から上がり、頭を洗う
  3. 再度温泉に浸かり、3~5分ほど入浴する
  4. 温泉から上がり、体・顔を石鹸などで手で洗う※タオルなどでゴシゴシこすらない
  5. 再度温泉に浸かり、3~5分ほど入浴して上がる

美肌になりたいという方は、ぜひ一度こちらの入浴方法をお試しください。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら