岐阜県郡上市白鳥町の日帰り温泉。飲める天然温泉、貸切個室風呂、こだわり料理で心も体も癒します。

トップ > Q&A > レジャー > キャンピングカーでのキャンプは、どこに駐車できますか?

キャンピングカーでのキャンプは、どこに駐車できますか?

キャンプに行かれるのであれば、オートキャンプ場に行かれることをおすすめ致します。

 

オートキャンプ場は、全国に多数あり、高原や海沿いなどロケーションも豊富です。また、静かで電源設備も整ってるので、安心して過ごすことが可能です。

 

事前に確認すべきこと

  • お風呂やシャワーがあるか。(旅館やホテルではありませんので)
  • 炊事場・水場・バーベキュー場などがあるのか。
  • キャンプサイトまで自分のキャンピングカーで乗り入れられるか。

※予約時に、電話やインターネットで利用するキャンピングカーの車のサイズを確認しておきましょう。キャンプ場によっては、後楽シーズンや曜日によって利用料金が変わるところもりますので、ご注意ください。

 

キャンピングカーの製造・販売会社の団体である一般社団法人日本RV協会(以下日本RV協会)が、設置をすすめている施設

キャンピングカーユーザーの利便性向上のために設置をすすめている施設がいくつかございます。

  • RVパーク…道の駅や温泉施設などの一画に設けられています。
    一般的な駐車場に比べて、ゆったりとしたスペースが確保されているので、他の一般車の方々に気を遣わず駐車できます。場所によって受けられるサービスは違いますが、24時間利用可能なトイレや100Vの電源、ゴミを引きとってもらえるなどのサービスが代表的です。
  • 湯YOUパーク…旅館やホテルの駐車場に寝泊まりし、お風呂などをその宿泊設備を利用できます。
    食事は料金に含まれないため、旅館やホテルを利用しなくでも大丈夫です。
    料金は、利用する施設によって異なりますが、数百円から¥3000くらいまでです。

 

気をつけるべき駐車場所

  • 道の駅
    道の駅は、休憩や仮眠のための施設で、宿泊施設ではありません。また、多くの人が訪れる施設でもあり、その土地の人が物産や観光資源をPRするための場所です。
    深夜から朝方にかけて数時間、仮眠をとるだけならいいですが、終日の宿泊や連泊などは絶対にしてはいけません。ただし、RVパーク指定されている場所であれば、料金を支払い利用可能です。
  • 高速道路のSA、PA
    こちらも道の駅と同様です。休憩や仮眠のために設けられている場所です。最近では、その土地の物産や観光情報を知ることができ、休憩所だけの役割ではなく、旅する人を楽しませる施設になっています。ゴミを大量に持ち込んで捨てたり、椅子やテーブルを出して寛ぐといった行為は公共マナー違反ですので、絶対にしないようにしましょう。

※上記の道の駅やSA、PAは無料で使えるありがたい施設です。キャンピングカーが使っていけないわけではありませんが、交通社会の一員として、公共マナーを守って使用しましょう。

 

注意点

  • 昼食時や夕食時などの混雑時は、長時間滞在せず用事が済んだら出る。
  • ゴミを持ち込んだり、宿泊設備扱いをしない。
  • 少しでもいいので、有料施設やお店を利用する。

上記のようなことを心掛けることで、キャンピングカーユーザーと一般の利用者も互いに気持ちよく利用することができます。一部の人のマナー違反で、印象が悪くならないよう気をつけましょう。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら